東京女子医科大学東医療センター 救急医療科

This page is a introduction of Department of Emergency and Critical Care Medicine, Tokyo Women's Medical University Medical Center East.

当センターは3次救急医療施設であり、搬送される症例は東京消防庁の現場トリアージと救急隊指導医の助言にて決定されます。患者さんの希望にて受診することは出来ません。搬入後は担当する救急医の診療及び診断にて治療方針が決まります。多くは当センターに入院となりますが、場合によっては外来初療から他院に転送となることもあります。入院後は疾病の種類と重症度によって救急医療科が主治医となって集中治療を行う場合と、各専門診療科が主治医になる場合があります。また救急医療科から各専門診療科に転科し、病棟が変わることがあります。急性期を脱し安定した場合は近隣病院に転院していただきます。以上の診療の流れを予めご理解の上、ご協力ください。 次に当センターの特徴である3つの部門を紹介します。当センターの救急医がそれぞれを担当しています。 1つ目はER・初療部門です。救命のために最も重要な部門です。救急医の瞬時の的確な判断により高度な救命処置を行い、緊急検査や治療方針を確立.します。多くの診療経験と幅広い知識が必要とされています。当センターは都内でも3次救急患者が集中している施設であり、非常に多忙な部門であります。 2つ目は集中治療部門です。重症救急患者の入院主治医を担当し高度な集中治療を行います。救急ICUナースと高度なモニターが刻々と変化する病態を把握し、救急医の指示の元、様々な薬物治療や高額医療機器による治療が行われています。最新の集中治療のガイドラインや研究結果を踏まえ、チームで毎日のカンファレンスにて方針を決定しています。各専門診療科の意見も随時受け、複雑な病態の中で何を優先すべきか判断しなければならない非常に難しい部門です。 3つ目は外傷外科・Acute Care Surgery部門です。3次救急に運ばれてくる重症外傷の多くは多発外傷であり、複数の外科系診療科にまたがる外傷です。脳外科、形成外科、心臓血管外科、呼吸器外科、消化器外科、泌尿器科、整形外科などの各科当直医を全て配置することは大学病院であっても不可能です。また都会の救命救急センターには、心停止直前の重症な内臓出血の外傷患者が運ばれてきます。このような超重症外傷を救命するためには、搬入から一時間以内に緊急止血の手術をしなければなりません。自宅待機の臓器別外科医を呼び出し、到着を待ってから手術をするのでは助かりません。外傷外科医はこのような状況下において、どの損傷部位から治療を始めるか判断し、損傷臓器に拘らずにすぐに開胸や開腹手術を行うことが出来ます。超重症外傷の手術成績は大変厳しいものですが、わずかな救命のチャンスを活かすためには、外傷外科医による超緊急手術が必要不可欠です。体幹部の緊急手術が行える外傷外科医の数は非常に少なく、当センターにも2名のみです。定時のガン手術などに従事している外科専門医が、外傷と内因性緊急手術を含めたAcute Care Surgeryという新しいジャンルに多く参画することが必要です。マンパワー不足な部門ですが、当センターでは外傷外科医を育て増やしていくことにも力を入れています。 当センターの救急医はこの特徴的な3つの部門をうまく融合させ、一人でも多くの命を救うことができるように日夜、診療に励んでいます。

10月3日救急医学会でのシポジウム「インドAIIMS外傷センターとの人材交流」終了後の一枚です。ニューデリーで2ヶ月間,体幹部外傷手術を研鑽した仲間達です。Acute care surgeryの世界が広がっています。

本日は久しぶりにJATEC函館コースに参加。道南医療圏の皆様の温かいhospitality の元、重症外傷患者を救うための講習会でinstruction してきました。外傷患者さんの生命に直接関わる診療のコツ、理解してもらえたでしょうか。重要なOJTの1つです。

9月27、28日に救命医療学会に参加。会場は大阪市立大医学部校舎。コンパクトですが実りある内容でした当教室からは2演題発表。
来週からは日本救急医学会です。

qqka-senmoni.com

東京女子医科大学東医療センターの連携施設一覧 | 救急医をめざす君へ

来たる9月30日18時半より「第3回救急医療科後期研修2020説明会」を当センターで開催します。後期研修を希望される先生、奮ってご参加ください。
当科では様々な研修プログラムを用意しています。主なものとして①救急科専門医プログラム「病院救急医コース」と「在宅救急医コース」(下記HP参照)
https://qqka-senmoni.com/3957
②Acute care surgeryダブルボード・プログラム③短期救急修練コース です。
様々なキャリア形成に合わせ、後期研修のプログラムをを選ぶことが可能です。当科のHPもご覧ください。https://twmu-mce.jp/mce/er/bosyu.html
                       救急医療科 教授 庄古知久

qqka-senmoni.com このプログラムに関してのご質問、施設見学の申込などはこちらまで [email protected]基幹医療施設 救急医療科 医局長:吉川 和秀 プログラム名称 専攻医の募集数 東京女子医大東医療センター救急科専門研修プログラ....

9月19日に当センターで、東京医科歯科大学国際医療部の二見茜先生をお招きし救急講演会を開催いたしました。
来年の2020東京オリンピックが迫る中、当センターも外国人の救急患者が増えてきています。大勢の職員と共に、外国人診療における大切なポイントを学びました。NHK国際部の取材もありました。国際化の波に救急部門も対応していかなければなりません。

当院DMATは千葉県内での活動を終えて水曜の夜無事に帰還しました。活動内容はまた然るべき場所で皆様にご報告させていただきます。
活動を後方支援して下さった皆様、情報提供して下さった皆様、サポート頂きありがとうございました。
今回電源喪失した医療機関を目の当たりにし、多くの教訓を得ました。今後もDMAT隊員として自施設の災害拠点病院としての機能強化に尽力して参ります。
千葉県の皆様が一日も早くいつもの生活に戻れるように祈っています。

台風15号による被災地の千葉県に、当センターのDMATも本日出動しました。停電地域の病院避難がミッションになりそうです。頑張れ!

9月7日 当院にて病院災害訓練&政府大規模地震災害時医療活動訓練を行いました。
当院の災害マニュアルとアクションカードを多くの職員にご協力いただきリニューアルし、土曜外来を休診にして実施しました。開発中の本邦初のデジタルボード・トリアージシステムも訓練の中でテストし非常に有用であることがわかりました。午後は全国から当院へ参集したDMATの活動拠点本部と区東北部の医療対策拠点のコラボ訓練を行い、東京での大地震に備えました。当院の災害対応能力は確実に向上しています。皆さん、ありがとうございました。

令和2年度 救急科後期研修医 募集中!
従来の「病院救急医」コースに加え、日本初の「在宅救急医」コースを設置しています。救急と総合診療を融合させ、在宅医療で活躍できる救急医を育てます。社会が求めている新しい医師像です。初期研修医の皆さん、お待ちしています。

インドのAIIMS外傷センターから三人のドクターが見学に来られました。女子医大の医学生4人と楽しいひと時を過ごしました。日本医大の横堀先生ありがとうございました!

東京都監察医務院からの8/19の発表で都内の熱中症死者数が昨年同様100人を超え、その9割以上が65歳以上の高齢者であると示された。高齢者への対策が急務である。当センターの医療圏である足立区は都内で最も熱中症の搬送件数が多い地域である。来年に向け、高齢者熱中症対策を提言していかなければならない。
この記事は、8月14日に読売新聞に掲載していただいた投稿である。今後の夏は、お年寄りがこれまで過ごしてきた夏の感覚と大きく異なり、危険な状況であることを啓蒙しなければならない。クーラーの作動していない自宅での就寝は非常に危険である。クーラーのない弱者のためのシェルター(クーラーの効いた避難所)の設置も考慮すべきであろう。お年寄りが住む住宅街は地域で発表される代表的なWBGTよりも1.0~1.5高いことにも注意しなければならない。

東京女子医科大学東医療センター 救急医療科's cover photo

当医療圏でも物凄い件数の熱中症患者が発生しています。その患者のほとんどが高齢者です。居室にエアコンがないなどの生活環境が原因となっているケースも多々ありますが、問題は日中炎天下に高齢者が徒歩外出し熱中症に至っているケースです。バス停まで10分歩いただけで高齢者は意識障害などを発症しています。緊急事態です。暑さ指数(WBGT)が31度以上の時は、運動中止はもちろん、「高齢者の炎天下歩行禁止」を啓蒙すべきです。それくらいの危険な状況です。
高齢者を守るためには「熱中症シフト」を社会が敷く事も必要です。高齢者が訪れる役所、銀行、郵便局など公共のサービス施設は、午前7時から午前10時まで、午後4時から午後9時までなどのサービス提供時間とし、日中は高齢者が訪れないように、少しでも気温の下がった時間帯に対応できるように考慮すべきです。この状況を打開するため社会が一丸となって動くべきと考えます。

インドで最も権威のある医学部 AIIMSでの講義も終了。KANI による観血的肋骨固定術の有用性を発表しました。かなりの反響をいただき質問攻めに。外傷患者が多く、多発肋骨骨折の患者さんが多数入院していました。Acute Care Surgeon として日本の先端外傷手術を紹介出来て良かったです。

ニューデリーの外傷センター(AIIMS) に来ています。日印の政府間プロジェクトで、救急医学会・外傷学会からTrauma Surgeonの人材交流として外傷手術の指導者で派遣されました。ここでは、すごい数の外傷手術をやっています。一緒に来た、若手外傷外科医も驚いています。楽しみです。

『救急医療科後期研修2020説明会』開催のお知らせ

東京女子医科大学東医療センター救急医療科では、下記日程にて医局説明会を開催します。

第1回:6 月 3 日(月)18:30~ 外科系説明会
第2回:6 月 17 日(月)18:30~ 内科系説明会

救急科専門医の取得を考えている方、是非ご参加ください。ご希望の方は [email protected] までメールを下さい。見学も受け付けています。

今年も救命センターにたくさんの新しい仲間がやってきました。

救命センターには日々多くの重症患者様が搬送されてきます。悲しいことも、悔しいことも、これまでたくさん経験してきました。
それでも、どんなに大変な時でもチームのみんながいるからまた頑張れる、私たちにとって救命センターはそんな素敵な場所でもあります。

そしてまた今年も新たなチームが動き始めました。
1人でも多くの方の命を救うために、全力救命で今年も頑張っていきたいと思います。

今年も一年、東京女子医科大学東医療センター救命救急センターを宜しくお願い致します。

先週の指導者養成ワークショップに続いて、昨日は今年2回目のICLSを開催しました。
去年1年生だったナースもとても頼りになるプレインストラクターに成長しました。
今年度は4回を目標にICLSを開催します、蘇生の基本だけでなく、チーム医療の楽しさを1人でも多くのスタッフに伝えていけたらと思います。

本日は救命センターの送別会を開催しました。
新たな道を進む仲間へのエールを込めて平成最後の桜で集合写真です。
これからもスタッフが自慢の救命センターでいられるように、春からまた頑張っていきたいと思います。

3月18日から本日まで3日間、鳥取県米子市で日本災害医学会が開催されました。当科からも吉川医師、安達医師、赤星医師、岩崎救命士が発表を行い、庄古センター長は座長を務めさせていただきました。
昨年は災害の多い年でした、そのため今回は実災害での活動結果を踏まえた発表が多く、教訓や課題を共有する貴重な機会となりました。
日常の局所災害から大規模災害まで、また災害種に応じた様々な角度からの平時の備えが重要であることを改めて確認できた3日間でした。

先日、救命センターの忘年会を開催しました、
ホットライン件数もピークを迎える季節となり慌しい毎日ですが、当科スタッフ、救命ICUスタッフ、日々本当に頑張ってくれている研修医の先生方、日々お世話になっている他科の先生方、そして関連病院の先生方など多くの方々にお集まり頂き楽しいひと時となりました、
来年も東京女子医科大学東医療センター救命センターを宜しくお願い致します!

昨日今日と東京DMAT隊員養成研修が開催され、今年も救命センターに新たなDMAT隊員が4名誕生します。
今年は医師の新規隊員はいませんでしたが、当科医局から吉川医師と岩崎救命士がインストラクター養成研修に参加しました。
東京DMATの早期運用(覚知と同時出場)が始まり当センターへの出場要請数も増加傾向です。365日24時間いつでも対応できる体制づくりを目指していきたいと思います。

11月19日から21日の3日間、パシフィコ横浜で第46回日本救急医学会総会・学術総会が開催されました。
当科からは座長3席と外部医局員を含め11演題を発表させて頂きました。
チーフレジデントの赤星医師は「救急医の働き方改革」に関するパネルディスカッションに参加しました。
また、研修医セッションでは当科で研修を行った初期研修医2名も症例報告をさせて頂きました。
救急の世界での大きな学会が終わり一安心ですが、また新たな1年に向けて日々の診療を大切にしていきたいと思います。

本日は名古屋のポートメッセにてレジナビに救急救命センターが出展しています🎵
将来、救急に進もうかと少しでも考えている方、ぜひ来訪をお待ちしております☺️✨

当科医局員で現在藤枝市立総合病院救急科に出向中の増田医師がこの度博士号を取得され、先日学位論文発表会と祝賀会が開催されました。

当科では臨床能力を高めながら、かつ学位取得も目指す若手医師を全面的にバックアップしています。

【論文タイトル】
Clinical Investigation of Coagulation Markers for Early Detection of Sepsis-Induced Disseminated Intravascular Coagulation: A Single-Center, Prospective Observational Study

【掲載誌】
Clinical and Applied Thrombosis/Hemostasis (CATH)

平成31年度救急科専攻医(後期研修医)募集中です。
都内でも有数の症例数が集まる当センターで救急科専門医取得を目指しませんか。専門医のダブルライセンス取得・維持可能です。これまでのキャリア不問です。9月末までに。
問い合わせは、[email protected] まで

週末に平成30年度大規模地震時医療活動訓練が開催されました。
我々日本DMAT隊員にとっては年に1度のフルスケールの非常に大掛かりな訓練で、今年は南海トラフ地震を想定して四国と九州を中心に実動訓練を行いました。
当科からは吉川医師、安達医師、岩崎救命士が、救命ICUから赤池看護師が当院日本DMATメンバーとして訓練に参加し、当科教授の庄古医師は訓練コントローラーとして徳島県吉野川市に派遣されました。
当院DMATは高松空港に参集し、徳島県小松島市の徳島日赤病院でミッションを受け、美波町と牟岐町の病院で被害状況調査、EMIS代行入力、本部支援等の活動を行いました。
総走行距離約400kmと移動の多い一日でしたが、日頃のチームワークを生かして無事に訓練を終えることができました。
当科では日本DMATだけでなく国際緊急援助隊医療チームや東京DMATなど災害医療をサブスペシャリティとするスタッフが多く在籍しており、日常の交通事故や工場等での挟まれ事案等の局所災害への対応や、常総の水害、熊本地震、西日本豪雨等にもスタッフを派遣しています。

ICLS(Immediate Cardiac Life Support)とは、心停止の患者さんに遭遇した時に専門科が到着するまでの最初の10分間に医療者がするべき蘇生活動のトレーニングコースです。東医療センターでは年に4回開催しています😊✨6月2日に第3回東医療センターICLSを開催しました!!

ところで、みなさん。世界で一番最初に心肺蘇生が成功したのはいつだと思いますか?
実は、紀元前9世紀だとか。旧約聖書の中にイスラエル王国の有名な預言者「エリシア」が、子供が頭痛を訴えた後に脈がなくなったけど、その子の口に自分の口をあてて呼吸をしたところ突然くしゃみをして動き始めたと。だから、今でも欧米諸国ではくしゃみをすると「God Bless You」(神のご加護がありますように)というんだとか。
そんな長い歴史をもつ蘇生治療。次はみなさんもICLSを受けてみませんか?
次回は9月に予定されています。

あなたの事業を診療所のトップリストArakawa-kuにしたいですか?

ここをクリックしてあなたのスポンサー付きリスティングを獲得。

ビデオ (すべて表示)

場所

カテゴリー

電話番号

ウェブサイト

住所


Nishiogu 2-1-10
Arakawa-ku, Tokyo
1168567
病院のその他Arakawa-ku (すべて表示)
はせがわ病院 はせがわ病院
東京都荒川区東日暮里6丁目22−16
Arakawa-ku, 116-0014

はせがわ病院は東京都荒川区東日暮里6-22-16にある30床の病院です。 診療科:泌尿器科、人工透析

Kaisei Academy Kaisei Academy
西日暮里4-2-4
Arakawa-ku, 116-0013

ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会 ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会
東尾久8-41-23
Arakawa-ku, 116-0012

[公式facebook]ミャンマーの無医村で巡回診療(移動クリニック)の医療と有機野菜栽培のサポートで自立支援(自律)

やたがいクリニック やたがいクリニック
東日暮里4丁目20-6
Arakawa-ku, 116-0014

呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、肛門科

荒川生協診療所 荒川生協診療所
荒川4-54-5
Arakawa-ku, 1160002

下町の身近な診療所。 どんな健康問題でもまずは相談ください。お待ちしてます。

東京リバーサイド病院 東京リバーサイド病院
東京都荒川区南千住8−4−4
Arakawa-ku, 116-0003

東京リバーサイド病院は東京都荒川区南千住8−4−4にある133床の病院です。 診療科:内科・外科・小児科・整形外科・産科・婦人科・産婦人科・回復リハビリテーション

水野動物病院 水野動物病院
荒川3-35-4
Arakawa-ku, 116-0002

荒川区の水野動物病院です。

かわさき内科クリニック かわさき内科クリニック
西尾久2-14-11ラフィーネ21 1階
Arakawa-ku, 116-0011

一般内科診察、消化器内科診療を行っております。血液検査、心電図、レントゲン、骨密度、超音波検査、細い内視鏡を使った上部経鼻内視鏡、下部消化管内視鏡検査を行っております。

まつおかこどもクリニック まつおかこどもクリニック
荒川2-4-1荒川メディカルビル1・2階
Arakawa-ku, 116-0002

荒川区の小児科です。 2017年6月に、元の場所から約200mのあたり、ウカイ薬局さんのお隣に移転しました。

社会医療法人一成会 木村病院 社会医療法人一成会 木村病院
町屋2-3-7
Arakawa-ku, 116-0001

社会医療法人一成会 木村病院のページ

プラストクリニック プラストクリニック
西日暮里2丁目27-3
Arakawa-ku, 116-0013

目の下のクマ・たるみの治療を検討されている方に正しい情報や実際の治療についてのお手伝いを心がけています

とかの医院 とかの医院
荒川5丁目11-18 ヴィンヤード2階
Arakawa-ku, 116-0002

【耳鼻咽喉科】午前:月~日曜 午後:月~金曜診療 【 眼 科 】午前:月~土曜 午後:月~金曜診療 【 内 科 】毎週金曜・第4日曜診療 【 皮膚科 】第3水曜午後診療