医療法人雄心会 青森新都市病院

平成29年5月1日、青森市の近藤病院・渡辺病院を融合して、新青森駅西口から徒歩3分の場所に開院しました。

平成29年5月1日開院、5月8日外来診療開始を予定しています。 対応診療科【脳神経外科、形成外科、整形外科、外科、消化器外科、内科、消化器内科、循環器内科、リハビリテーション科、放射線腫瘍科、放射線科、歯科】 診療時間【9:00~17:00(月~金)※祝祭日は休診、救急対応は随時対応】 受付時間【午前8:45~11:30 午後13:00~16:30】 附帯施設【新都市在宅ケアセンター(訪問看護、訪問リハ、ケアマネ)・青森大学 脳と健康科学研究センター】 保育施設【かでるきっず 24時間対応・定員50名】

2019年11月外来担当医表を更新いたします。

2019年10月外来担当医表に変更があります。
※形成外科 金曜の診察は
 岩嵜医師から林医師に変更になります。

2019年10月外来担当医表を更新いたします。

2019年9月外来担当医表を更新いたします。

令和1年8月3日(土)
青森新都市病院は昨年に引き続き、
あおもり市民ねぶたに参加させて頂きました!

今回、あおもり市民ねぶた実行委員会の北村麻子さんが
作成した『神武東征』が【知事賞】を受賞されました!
おめでとうございます(*^▽^*)

今年は雨が降ることなく、いい天気に恵まれ、
最後まで元気に跳ねることができました♪

今年もあおもり市民ねぶた実行委員会関係者の皆様、
ありがとうございました。お疲れ様でした!

2019年8月外来担当医表を更新いたします。

2019年7月外来担当医表を更新いたします。

先週更新しました外来担当医表に変更がありました。
再度、2019年6月外来担当医表を更新いたします。

令和元年5月23日(木)に
第1回医療・健康セミナーを開催致しました。

今回は、青森新都市病院 非常勤外科医、
こにし内科・心臓血管クリニックの院長の小西宏明先生に
「青森新都市病院 下肢静脈瘤レーザー治療1年の歩み」
というテーマでご講演いただきました。
今回もご参加くださった皆様、ありがとうございました。

次回は市民公開講座を7月24日(水)に開催いたします。
第1部『形成外科が治す病気やケガとは?』
 北海道大学大学院 医学研究科・医学部 山本 有平主任教授
第2部『生まれつきの顔や頭の変形とその治療』
 福島県立医科大学 形成外科学講座 小山 明彦主任教授
第3部『皮膚癌って何?』
 神戸大学大学院医学研究科 形成外科学 寺師 浩人教授

上記テーマの3部構成で行います。
皆さまのご参加お待ちしております。

2019年5月の外来担当医表を更新しました。

2019年4月の外来担当医表を更新いたします。

平成31年3月14日(木)に第7回医療・健康セミナーを開催致しました。

今回は当院の乳腺外科・甲状腺外科 西 隆医師に
「甲状腺がんってなんですか?」~甲状腺がんの診断から治療まで~
というテーマでご講演いただきました。

今回もご参加くださった皆さま、ありがとうございました😃✨

次回の医療・健康セミナーは
「青森新都市病院 下肢静脈瘤レーザー治療1年の歩み」
というテーマで5月23日(木)16:30~17:30より開催致します。

皆さまのご参加お待ちしております☺️🎊

2019年3月分の外来担当表を更新いたしました。

2019年2月分の外来担当表を更新しました。

平成31年1月24日(木)に第6回医療・健康セミナーを開催致しました。

今回は当院の脳神経外科、片山容一総長に
「頭のケガ・しばらく後からボケがくる」~慢性硬膜下血腫の話~
というテーマでご講演いただきました。

参加した方々からは様々な感想がアンケートに寄せられました。
今回もご参加くださった皆さま、ありがとうございました😃✨

次回の医療・健康セミナーは
「『甲状腺がん』ってなんですか?」~甲状腺がんの診断から治療まで~
というテーマで2019年3月14日(木)16:30~17:30より開催致します。

皆さまのご参加お待ちしております☺️🎊

新年明けましておめでとうございます。
2019年1月分の外来担当表を更新しました。

平成30年12月3日(月)に
第5回医療・健康セミナーを開催致しました。
今回は当院の外科、高屋誠吾医師に
「あなたの胆石、あなたの脱腸、腹腔鏡手術で治せます!」
~放っておくとこんな危険が…~というテーマでご講演いただきました。
参加した方々からは様々な感想がアンケートに寄せられました。
今回もご参加くださった皆さま、ありがとうございました。

次回の医療・健康セミナーは

「頭のケガ・しばらく後からボケがくる」
 ~慢性硬膜下血腫の話~というテーマで
2019年1月24日(木) 16:30~17:30より開催致します!

皆さまのご参加お待ちしております(*^_^*)

2018年12月分の外来担当表を更新しました。

2018年11月分の外来担当表を更新しました。

平成30年10月18日(木)に
第4回医療・健康セミナーを開催致しました。
今回は当院の院長で形成外科医の中島龍夫先生に
「形成外科で取り扱う疾患」~眼瞼下垂、口の周りの変形、陥入爪、乳がん切除後の修復を中心として~に
ついてご講演いただきました。
今回もご参加くださった皆様、ありがとうございました。

2018年10月分の外来担当表を更新しました。

平成30年9月18日(火)に
第3回医療・健康セミナーを開催致しました。

今回は当院の脳神経外科医でもある前田 剛先生
(青森大学 脳と健康科学研究センター、日本大学医学部
脳神経外科・麻酔科 准教授)に
「あなたの頭痛正しいですか?」~頭痛には正しい診断が大切です!~
というテーマでご講演いただきました。頭痛にはたくさんの要因、
種類があり、それらについてわかりやすくお話をしてくださりました。

今回もご参加くださった皆様、ありがとうございました。

平成30年9月8日(土)に安保雅博先生
(東京慈恵会医科大学 リハビリテーション医学講座 主任教授、
日本リハビリテーション医学会副理事長)を講師にお迎えし、
”介護支援専門員及び医療・介護従事者”の方々を対象に
『最新の脳卒中リハビリテーション医療』
~2000年から激変し続ける脳卒中リハビリテーション医療~というテーマで医療・健康セミナー特別編を開催致しました。

参加者からは満足の声が多数アンケートに寄せられました。

今回の医療・健康セミナー特別編に参加してくださった
医療従事者の皆様方、ありがとうございました。

次回のセミナーは9月18日に行われます(*^▽^*)

本日開催されました【大野和士氏のこころふれあいコンサート2018】には入院中の患者さんや地域の皆様にたくさんご来場頂きました。
プログラムの間には”ソプラノ”、”メゾ・ソプラノ”、”テノール”、”バス”それぞれの声楽家の音域の違いを大野氏が分かりやすく解説してくださったり、最後には声楽家達が一斉に会場を廻りながらみんなで「ふるさと」を歌ったりと、
かしこまったイメージのクラシックをとても楽しく聞くことができました。

こころふれあいコンサートの関係者の皆様、ありがとうございました。
そして何より大野和士氏及び4名の声楽家の皆様、ピアノの音色と美しい歌声に心が癒されました。
是非、またこのような機会があればと祈りつつ・・・本当にありがとうございました。

2018年9月分の外来担当表を更新します!

平成30年8月4日(土)青森新都市病院は昨年に引き続き
青森市民ねぶたに参加させて頂きました!
また、北村麻子さんが制作した『入雲龍 公孫勝』が
市長賞を受賞!おめでとうございます!
天気予報では曇りのはずでしたが20時頃から
ポツポツと雨が降り始め、しまいにはザーザー降り・・・
跳人も観客も皆さんびしょ濡れ状態( ゚Д゚)でしたが
気分は絶好調のまま楽しむことができました。
青森市民ねぶた実行委員会の関係者の皆様方、
ありがとうございました。

Untitled Album

Untitled Album

2018年8月分の外来担当表を更新します!

7/24(火)に平成30年度 第2回医療・健康セミナーを
開催いたしました!
今回は青森大学 脳と健康科学研究センター、
日本大学医学部 脳神経外科 福島匡道医師に
「治せる認知症」~遠慮なく脳神経外科を受診しましょう~というテーマで、認知症の中でも治る可能性がある
“慢性硬膜下血腫” ”特発性正常圧水頭症” について
講演していただきました。
ご来場頂いた皆様、ありがとうございました(*^▽^*)

《青森県救急隊員との合同研修会・意見交換会》

 平成30年7月10日当院で青森県内の救急隊員を対象とした
合同研修会・意見交換会が開催され、総勢86名の方が参加されました。
今回は函館新都市病院 原口院長を講師に迎え、
「超急性期脳梗塞」というテーマで研修会が行われました。

 意見交換会では脳出血、脳梗塞、くも膜下出血の3事例について、実際に患者が病院に搬送されるまでの過程は救急隊員から、院内搬送後の状態・処置・その後の経過等については当院の3名の脳神経外科医からスライドを用いての詳細説明がありました。
各事例毎に出席者から質問や貴重なご意見をいただき、
とても有意義な意見交換会となりました。

 会場で配布したアンケートには、
「日々救急搬送を積極的に受け入れていただき感謝しています」、「脳疾患の疑いは貴院を第一選定しようと思える程受け入れていただいています」、「患者だけではなく家族にまで寄り添った対応は素晴らしいと思います」など非常に
有難いお言葉をたくさん頂きました。
今後も救急患者の受け入れを通して
“青森短命県返上”に貢献していきたいと考えています。
お忙しい中お集り頂いた救急隊員、橋渡しをしていただいた青森県健康福祉部医療薬務課の皆様方ありがとうございました。

2018年6月分の外来担当表を更新しました。

5/20(日)に医療・健康セミナー《特別編》が開催されました!

今回は地域住民をはじめ、100名近い方に
ご参加いただきました(*^_^*)

安保教授によるWebセミナーではボツリヌス療法、
継続的なリハビリ、そして前向きなやる気があれば
脳卒中発症から時間が経過している方、
重い麻痺が残っている方でも改善できるという事を
教えてくださいました。

Webセミナーに続いて、いきいき健康教室では
リハビリテーション科職員と一緒に健康体操をしたり、
各相談コーナーもとてもにぎわっていました!!

会場に来てくださった方からの
貴重なご意見・ご感想は今後のセミナーに
活かしていきたいと思います。

たくさんの方のご参加ありがとうございました(*^▽^*)

次回のテーマは「糖尿病患者の歩行を守る」です。

6/20(水)PM17:00~ご来場お待ちしております!

🎊新人歓迎会🎊

平成30年度新人歓迎会を5/15に開催しました!

まず初めに伊藤丈雄理事長から愛のこもった
あいさつをいただき、美味しい料理を楽しむ中で、
各所属長と共に新入職員による自己紹介が行われました。

仕事への意気込みをコントで披露したり、
部署仲間によるタオルを振った応援など、各部署で
工夫を凝らした紹介に会場はとても盛り上がりました😀✨

また、このたび伊藤理事長が旭日双光章に
叙勲されたことから、法人本部の八幡看護局長より
花束が贈呈されました💐

今年度は青森在駐の本部職員を含め
33名の新入職員(中途採用含む)が新たに
我々の仲間となりました(*^_^*)

新入職員の皆さん、入職おめでとうございます!

現職の我々も新入職員の皆さんの活力に負けぬよう
気持ちを新たに一丸となって頑張りましょう!!!

『 乳腺外科がオープンしました!』

平成30年4月より乳腺・甲状腺外科がオープンしました。
3月末ごろよりマンモグラフィ装置が運び込まれ、
現在少しずつ稼働しています。

ここで装置の紹介を…
今回導入したのはGE社製のPristinaという装置で、
従来の2D撮影の他に、3D撮影(トモシンセシス)も
可能な機械なんです!

3D撮影は乳腺の重なりの少ない断層画像を得られるので、
今まで乳腺と重なって発見されにくかった病変をより
見えやすくしてくれる撮影法なんですよ^^

「でもマンモグラフィって痛いんでしょ?」と
よく言われますが、このPristinaは検査時に機器に
押し付けられることになる腋下や腹部の痛みや不快感を
できるだけないように設計された装置なんです。

実際に撮影を体験された方からは
「昔より全然痛くないのね」「思ってたのと違った」
との声を続々いただいております♪
そしてマンモグラフィ検査は女性の放射線技師が撮影を
行っております。

現在女性の部位別がん罹患率において1999年以来、
常に第1位となっている乳がん。
そのピークは40代後半~60代であり、
さらなる早期発見・治療の重要性が高まっています。
しかし日本での乳がん検診の受診率はたったの36.4%…

皆さん、ぜひ検診を受けてくださいね!

(検診については現在環境整備中です。
詳しくはお問合せください。)

放射線科 

2018年5月分外来担当表を更新しました。

医療法人雄心会 青森新都市病院

医療法人雄心会 青森新都市病院's cover photo

H29年9月分の外来担当表を更新しました。

8/10(木)に第4回 医療・健康セミナーが開催されました。
今回のテーマは”高度進行癌に対する外科治療の進歩”。
2回手術を行うことで良い方を大きく残す方法や化学療法と併用することで益々の治療効果が上がること等を非常に分かりやすく説明して頂きました。
また、MDTやERASのチーム医療が患者さんの生存率を上げる事に繋がるということで重要性を再認識しました。
参加された皆様からは”素人でも大変分かりやすかった”というご意見が多く寄せられました。
ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

7/25(火)に第3回 医療・健康セミナーが開催されました。
今回のテーマは”がん治療の今”。
前半は唐澤先生より様々な部位の”がん”に対して行う放射線治療が体への負担が少ないことや、診療過程についてスライドを使用して詳細にご説明頂いた後、成田医学物理士より治療における医学物理士の役割や放射線治療で使用する機器の紹介を分かりやすい言葉でして頂きました。
参加された皆様からは”大変分かりやすい”、”放射線への考え方が変わった!”、”がん治療の進歩を知り将来に安心感が持てた”等のご意見を頂き、大変好評のまま終了することができました。
ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

あなたの事業を診療所のトップリストAomori-shiにしたいですか?

ここをクリックしてあなたのスポンサー付きリスティングを獲得。

場所

カテゴリー

電話番号

ウェブサイト

aomorishintoshi-hp.yushinkai.jp

住所


石江3丁目1番地
Aomori-shi, Aomori
038-0003
病院のその他Aomori-shi (すべて表示)
青森県立中央病院救命救急センター 青森県立中央病院救命救急センター
東造道2-1-1
Aomori-shi, 030-0913

慈恵会 疾病予防施設 慈恵クリニック 慈恵会 疾病予防施設 慈恵クリニック
安田字近野160-3
Aomori-shi, 038-0021

青森県は短命県・がん死亡率ワースト1位 です。改めて予防医学が重要視されている今、私たち慈恵クリニックは、地域社会への貢献を理念として、皆様の健康をサポート致します。