タイ瞑想

タイ瞑想

コメント

December – month of significance to Sri Lankan Buddhist women December 7, 2019, 3:10 pm In Sri Lanka we designate the month of December as that of women because women gained equal status, as it were, in the newly introduced Buddhist religion. As we well know Sa?ghamitt? Theri arrived in Lanka facilitating the ordination of women of the country. She was the eldest daughter of Emperor Ashoka (304 BC – 232 BC) and his first wife, Devi. Together with her brother Mahinda, she entered the Buddhist Sangha. Mahinda Thera traveled to Lanka to introduce the teachings of Buddha at the request of King Devanampiya Tissa (250 BC – 210 BC). With him came a young samaners – son of Sanghamitta. Emperor Ashoka was initially reluctant to send his daughter on an overseas mission. However, because of the insistence of Sangamitta herself, he finally agreed. She was sent to Sri Lanka together with several other nuns at the request of the Lankan king whose sister-in–law, Anula Devi desired ordination. Because of Sanghamitt? Theri’s contribution to the propagation of Buddhism in Sri Lanka and her establishing the Bikhhun? Sangha or Meheni Sasna, her name became synonymous with Buddhist Female Monastic Order of Therav?da Buddhism that was established not only in Sri Lanka but also in Burma, China and Thailand, and has now spread worldwide. The poya day in December also commemorates the day a sapling from the most revered tree, the Bodhi tree in Buddha Gaya, was brought by her to Sri Lanka and planted in Anuradhapura. Thus the full moon poya in December is ‘Uduvapa Poya’ and named ‘Sanghamitt? Day’ by us in Sri Lanka. This year it falls on Dec. 11 and on that day we specially remember Sanghamitta Theri, who renounced her royal life, shifted home and took residence in Anuradhapura and lived to a very ripe old age. Personal recollections of bhikkhunis We lay Buddhist women, whether we observe sil for the Uduvap Poya or lead our usual lives, should and would, remember with great appreciation and gratitude Theri Saghamitta and other local bhikkhunis. Ayya Khema (August 25, 1923 – November 2, 1997) was an American German Jew who was born Ilse Kussel in Berlin. Just prior to World War II she was sent to Glasgow with other children of Jewish origin while her parents migrated to Shanghai. She married when 23 a much older man and traveled the world, when her interest in Buddhist meditation took root. Her husband did not share her interest, so the couple divorced. She lived in Bangkok studying the Dhamma plus meditating. She became a ten preceptor under the guidance of Ven Narada Mahathera and chose to make her home in Sri Lanka. She got built Nuns’ Island in the Ratgama Lake in Parappuduwa, Dodanduwa. She had foreign women arriving for meditation courses of, sometimes, three months. Local women too were fortunate to receive her invitation of residence for a couple of days. She introduced so many to meditation and conducted ten day retreats in Colombo, Kundasale, Peradeniya and Bentota. I became a devotee, introduced to her by my kalyana mithra, Ratna Dias with whom Ayya Khema lodged whenever she was in Colombo. Ayya Khema was a wonderful person: strong in personality, very effective in her teaching, almost evangelical. She authored several books and ran a very efficient nunnery with kutis built for novices and a Sinhala nun she invited to reside with her. Visitors slept in a long dormitory of six rooms housing two in each, just by the lake’s shore. The focal point of Nuns’ Island was the large meditation hall with a skeleton hanging in it. Ayya Khema went to San Francisco to receive higher ordination. She stayed on in Sri Lanka as a Bhikkhuni being of great service to Buddhism here at home and abroad. When the JVP insurrection was at its height in the late 1990s, the Head Monk of The Island Hermitage, who always helped Nuns’ Island, advised the island be barb wired, as insurgents were known to take shelter in the Island Hermitage premises and would, he felt, intrude to Nuns’ Island. Bhikkhuni Khema said she could not live again fenced and wary, so she left for Germany where she resided in her new aranya - Buddha Haus, Uttenbühl, Germany. She died after fourteen years of battling cancer, which never stymied her. Remembered is how she would not take dane or gilampasa, only water for a couple of days, but continue her teaching and leading meditation. That was her way of keeping the disease at bay. She planned her programmes of teaching and retreats years ahead. Her ashes are in a stupa at Buddha Haus. One of her pupils who was ordained here as a ten preceptor and in Australia as a Bhikkhuni who I am fortunate to claim as friend, resides in Perth and built and supervised an aranya for laywomen and nuns as directed by Ven Brahmavamso. (I do not name her as she prefers anonymity). Ven Bhikkhuni Dr Kusuma is also deserving of much praise and reverence. She was the first Sri Lankan ten preceptor to be granted higher ordination on 8 Dec 1996 in Sarnath at the Mahabodhi premises by a Taiwanese monk of the Mahayana tradition and Ven Vipulasara Thera, then President of the Mahabodhi Society of India and Founder, Member and Secretary of the World Buddhist Sangha Council. Her’s was a hard won victory. She is a pioneer as she revived the Bhikkhuni Sasana in this country which had died down during the early colonial period. For long the highest prelates in the Sangha decreed a nuns’ order could not be re-instituted with no Theravada nun to give others higher ordination. Monks can do the needful as it is found in the suttas that Buddha pronounced this possibility. The first nun of all, Prajapati Gotami was ordained by Ven Bhikkhuni Dr Kusuma is 90 plus but active in propagating the true word of the Buddha. There are many more educated nuns and those who give service to their devotees. Four supports of Buddhism The Buddha pronounced that for the stability and continuance of the doctrine He preached – the Buddha Dhamma and thus the religion Buddhism, four supports are needed: the Sangha (bhikkhus), Mehini Sasna (bhikkhunis), laymen and laywomen devotees. Thus we now have these supports in place and it is with gratitude we look on bhikkhunis, since their religious life is even harder than that of monks, them having to observe more vinaya rules. Another benefit of having nuns with higher ordination stares us in the face, at least of those who are interested. I have written, even as recently as Sunday December 1, 2019 about some Sri Lankan monks who have brought disrepute to the religion and the Sangha. But apart from mendicant women who don yellow robes to better beg in places like Anuradhapura, there are those who are dedicated to the Dhamma and observe strictly their vinaya. They are also more accessible to families and in certain regions of Sri Lanka are more willing to chant pirit and visit homes for dane than monks. I have heard of people living in villages fearing that they would not be able to have monks chant pansakula at a funeral. This ceremony conducted before burial or cremation is absolutely necessary. I do not believe bhikkhunis can step in here to better help people who are discriminated against. They ought to be able to. Even without this boon they are of great benefit to people in this country. Hence this month, with all its Christian festivities and ending the year, is also very significant to us Buddhist women, who are justly proud of their sisters who have taken the major step to follow Sanghamitta Theri who followed Prajapathi Gotami, foster mother of Gautama Buddha.
Mahamuni Temple - A beautiful Buddhist temple located at Mahamuni Pahartali, Raozan,Chittagong, Bangladesh ://www.youtube.com/watch?v=LbFcijROVqI
春になりまして、過ごし易い時間帯も増えて参りました。 お寝みになられます前に、瞑想をして心身をリフレッシュさせましょう。 娘の新作です。
ถ่ายทอดสด สอนสมาธิด้วยภาษาญี่ปุ่นโดยพระอาจารย์ชาวไทย
「先ず自分を正しくととのえ、 次いで他人を教えよ。 そうすれば賢明な人は、 煩わされて悩むことが無いであろう。」 仏陀の言葉より
●脳内を劇的につくり変える瞑想● マインドフルネスという名前で瞑想をgoogleが福利厚生に取り入れ、スティーブジョブズが瞑想を日課にしていたという話は聞いたことがあるのではないでしょうか。欧米の現代脳医科学の分野では瞑想効果を実証しています。今、欧米で大人気のマインドフルネス瞑想を瞑想の本場タイ国の僧侶による日本語での指導で、日本国内で本格的に学べるチャンスがあります。タイ瞑想では日本各地の別院および東京別院、群馬、栃木の瞑想リトリート施設で日本人向けに瞑想を指導しています。 詳しくは http://thaimeisou.jp/

瞑想の目的は、不眠や現代社会におけるストレスや不安を解消し、平和な心を育てること。 www.thaimeisou.jp

善良な人間であれ
しかし、他人に良い人だと
証明する事は時間の無駄だ。

www.meisoucenter.jp

おはようございます。1月も最後の週になりましたね。時の流れは本当に早いですね。
生きているこの瞬間、瞬間を大切にお過ごしください。

さて、栃木のタイ瞑想の森の宿泊瞑想会2020がいよいよはじまります!皆さん、是非ご参加ください!

★....................................................★

31日から週末瞑想入門コースがスタートします。
一緒に瞑想して、幸せをシェアしましょう!

お申し込みお待ちしています。
www.meisounomori.jp

31日から週末瞑想入門コースがスタートします。
一緒に瞑想して、幸せをシェアしましょう!

お申し込みお待ちしています。
www.meisounomori.jp

怒って何を得るか。
嫌って気分がいいか。
腹立てて誰を傷付けるのか。
何故怒り嫌うのか。
結局自分自身を傷つけるのに。。。

www.meisoucenter.jp

あなたは、幸せですか?

www.meisoucenter.jp
www.thaimiyage.jp

今ここるいられることが有難い
ありがとう、大切に

www.meisoucenter.jp
www.thaimiyage.jp

眠れない人に夜は長く、疲れた者に道は遠い。正しい教えを知らない人に、その迷いは長い。

www.meisoucenter.jp
www.thaimiyage.com

タイ瞑想の森

タイ瞑想の森、週末瞑想入門コースのお申込み、お問い合わせはこちらのホームページからお願いいたします。

https://meisounomori.jp/

こちらがタイ瞑想の森の新しいホームページになります。予定の確認もしていただけますので是非ご覧になってください。

3.2.1....SMILE❤️

.
www.meisoucenter.jp
www.thaimiyage.com

瞬間のチャンスを見逃すな!

www.meisoucenter.jp
www.thaimiyage.com

あなたならできます
自分に負けるな!

www.meisoucenter.jp
www.thaimiyage.com

笑顔は良薬である。

www.meisoucenter.jp
www.thaimiyage.com

生まれを問うな、行為を問え。

www.meisoucenter.jp
www.thaimiyage.com

良いことにも悪いことにも
すべに意味がある
それを糧にして生きること

www.meisoucenter.jp
www.thaimiyage.com

タイ瞑想の森

1月24〜26日
週末瞑想会

今回は中止とさせていただくことになりました。

無理しないで
ため込まないで
解放してあげて

www.meisoucenter.jp
www.thaimiyage.com

おはよう
.
今日が一番良い日になりますように。

明日死ぬかのように生きよ。
永遠に生きるかのように学べ。

今、この時を大切に生きてください。

...

www.meisoucenter.jp
www.thaimiyagr.com

今日、今、この瞬間。
最善を尽くしてみて。

www.meisoucenter.jp
www.thaimiyage.com

私たちは幸せです
気づいてますか?

www.meisoucenter.jp
www.thaimiyage.com

人生は楽ではない。そこが面白い。

www.meisoucenter.jp
www.thaimiyage.com

今週金曜日は西新宿の瞑想会でお会いしましょう

タイ瞑想@新宿常円寺
祖師堂三階 19:00〜20:30

お申し込みはこちらからどうぞ。
http://thaimeisou.jp/shinjuku/

参加無料。お気持ちでお布施をお願いします。
.

www.meisoucenter.jp
www.thaimiyage.com

心を明るく保てば
進む道が見える
.
www.meisoucenter.jp
www.thaimiyage.com

1% でいい、昨日の自分を超えてみせろ。

www.meisoucenter.jp
www.thaimiyage.com

がんばるってのは「顔晴る」って書くんだよ。

www.meisoucenter.jp
www.thaimiyage.com

仏教の戒めというと
厳しい修行や戒律を想像してかもしれません。

しかし、戒律はもともと自分や人、生き物を大切にしようという心から生まれたもの。

生き物を殺せば、その生き物は苦しみます。

節制をせずに、暴飲暴食すれば自分の身体は不調をきたします。

自分の心と身体を整え、
人のために誠意を尽くす。

その気持ちを持って老いを迎えることができるなら、その人はきっと幸せです。

www.meisoucenter.jp
www.thaimiyage.com

「しあわせ」を作る10の考え方

1. 寝る前に一番幸せな出来事を思い起こす
2. 小さなしあわせをたくさん見つける
3. たまには自分にご褒美をあげて
4. 時間を守るようにする
5. 考え込むのをやめる〈答えが出なくてもマイペンライ〉
6. 苦の出来事を苦と捉えない〈苦=普通の出来事〉
7. 自分と他人を比較しない
8. 自分でしあわせを作り出す
9. いい事をすればいい結果が悪いことをすれば悪い結果を得ると信じる
10. 整理整頓する

「笑顔」溢れる毎日にしていきたいですね。

www.meisoucenter.jp
www.thaimiyage.com

タイ瞑想の森

2月7〜9日の瞑想会は、8日はマーカブーチャーデーを記念してロイコム上げイーペン祭、9日はブーチャーカーオプラを開催します。

あなたは、どうなりたいですか?

www.meisoucenter.jp
www.thaimiyage.com

辛いを通り越したら
幸せになれるさ

www.meisoucenter.jp
www.thaimiyage.com

タイ瞑想の森

2020年、週末瞑想会スタートします。
現在お申込みの受付を行っております。

『タイ瞑想の森』になりまして
初めの週末瞑想会は1月24~26日になります。
お申込み、絶賛受付中です。https://meisounoyu.jp/registernow/

心は自分だけのもの
他者に預けられるもんじゃない

www.meisoucenter.jp
www.thaimiyage.com

心安らげる場所

www.meisoucenter.jp
www.thaimiyage.com

今年も新宿常円寺での瞑想会開催いたします。
皆さんのお越しをお待ちしております。
(日程の訂正があります。改めてご確認お願いします。)

www.meisoucenter.jp
www.thaimiyage.com

ビリー・ジョエルは高校を辞め
酒場で弾き語りのピアニストとなりましが
それは辛く不安で孤独な毎日でした。
やがて、彼はうつ病になりました。
.
彼はその苦痛に耐えきれずついに自殺を決意します。
そして、彼は最後に神様から質問を受けました。
.
「おまえは何が欲しかったのかい?」
.
「ミュージシャンとして成功したい!」
と彼は答えました。
.
19才、彼はバンドを組みロックグループとして
念願のデビューを果たしますが
アルバムは売れませんでした。
.
20才、2枚目のアルバムを出すが全く売れず解散。
.
21才、デュオグループとして、デビュー。
アルバムを出すがまたもや全く売れず解散。
.
22才、ソロシンガーとしてデビュー。
アルバムを出しますがレコード会社の製作ミスで
大失敗。全く売れませんでした。
.
うつ病が再発し、自宅にひきこもり
彼は曲作りに専念します。
そして、酒場での弾き語りの活動を再開します。
.
24才、ソロシンガーとして再々デビュー。
アルバムを出す。タイトル曲『ピアノ・マン』
それが、全米トップ30の大ヒットとなりました。
.
辛く不安で孤独な体験から生まれた
詩とメロディは、多くの人々の心を揺さぶり
全世界で1億5000万枚の
アルバム・セールスを記録したのでした。
.
「何事かに九回失敗したとしても、
それでも、
九回の結果を生んだではないか。」と
ダライ・ラマ14世の言葉があります。
どんなに得意で好きなことでも
判断を誤らず間違えず
成功することは難しいことです。
間違えることや失敗は成功の礎ですから
失敗を恐れず、
自らが強い決心でやり遂げれると
信じることが大切です。
.
.
「ものごとは心にもとづき、
心を主とし、
心によってつくり出される。」
- 仏陀の言葉より-

www.meisoucenter.jp
www.thaimiyage.com

心の波が消えれば
それだけで幸せ

www.meisoucenter.jp
www.thaimiyage.com

今年も新宿常円寺での瞑想会開催いたします。
皆さんのお越しをお待ちしております。

www.meisoucenter.jp
www.thaimiyage.com

あなたの事業を診療所のトップリストArakawa-kuにしたいですか?

ここをクリックしてあなたのスポンサー付きリスティングを獲得。

ビデオ (すべて表示)

イーペン&タイ瞑想メリットツアー2019
Thai Meditation in Japan
タイ瞑想の湯(THAIMEISOU no Yu)
瞑想の利益
過去にとらわれている時に行う瞑想
2009年 三友健容教授 Professor Kenyo Mitomo 参加短期出家
万仏節の重要性 (ความสำคัญของวันมาฆบูชา)
リラックス瞑想
タイで一年の出家を続ける日本人僧侶の感想

場所

電話番号

ウェブサイト

住所


荒川3-78-5 タンマガーイ寺院4階
Arakawa-ku, Tokyo
116-0002

営業時間

火曜日 13:00 - 20:30
水曜日 13:00 - 20:30
木曜日 13:00 - 20:30
金曜日 13:00 - 20:30
土曜日 12:00 - 20:30
日曜日 12:00 - 15:00
その他 Arakawa-ku 診療所 (すべて表示)
東京リバーサイド病院 東京リバーサイド病院
東京都荒川区南千住8−4−4
Arakawa-ku, 116-0003

東京リバーサイド病院は東京都荒川区南千住8−4−4にある133床の病院です。 診療科:内科・外科・小児科・整形外科・産科・婦人科・産婦人科・回復リハビリテーション

Centre for Eastern Medicine, Japan Centre for Eastern Medicine, Japan
荒川3-78-5
Arakawa-ku, 116-0002

はせがわ病院 はせがわ病院
東京都荒川区東日暮里6丁目22−16
Arakawa-ku, 116-0014

はせがわ病院は東京都荒川区東日暮里6-22-16にある30床の病院です。 診療科:泌尿器科、人工透析

ブルーリバー整骨院 南千住店 ブルーリバー整骨院 南千住店
南千住8-12-5
Arakawa-ku, 116-0003

【身体と心のケアを第一に考える治療院】東京都荒川区にある『ブルーリバー整骨院 南千住店』のFacebookページです。

浜松はり灸療院 浜松はり灸療院
荒川2丁目46-9
Arakawa-ku, 116-0002

町屋駅 徒歩5分 腰痛・神経症状治療

ウカイ薬局 ウカイ薬局
荒川2-4-2
Arakawa-ku, 116-0002

薬局の概略

佐藤病院 佐藤病院
東京都荒川区西尾久5丁目7−1
Arakawa-ku, 116-0011

佐藤病院は東京都荒川区西尾久5丁目7-1にある病院です。 診療科:内科・外科・眼科・整形・皮膚科

葉音(はぁと)~heartfulな時を供する空間~ 葉音(はぁと)~heartfulな時を供する空間~
東京都
Arakawa-ku, 116-0012

より楽しく豊かな毎日のために、自然と向き合い、自分の心と体と向き合える、そんな場所を目指しています。

水野動物病院 水野動物病院
荒川3-35-4
Arakawa-ku, 116-0002

荒川区の水野動物病院です。

ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会 ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会
東尾久8-41-23
Arakawa-ku, 116-0012

[公式facebook]ミャンマーの無医村で巡回診療(移動クリニック)の医療と有機野菜栽培のサポートで自立支援(自律)

カイロプラクティック院ダイキチ カイロプラクティック院ダイキチ
東日暮里2-32-1
Arakawa-ku, 1160014

こちらは「カイロプラクティック院ダイキチ」のFacebookページです。

かつみカイロ整体院 かつみカイロ整体院
南千住1-15-2 イストワール三ノ輪102
Arakawa-ku, 116-0003

自宅のようにくつろげる「癒しの治療院」 頭痛・肩こりでお悩みではありませんか?