さくらクリニック

ホームページ http://www.sakura-clinic.org/

asahi.com

骨作れぬ難病に幹細胞移植 再生医療で男児の命つなぐ:朝日新聞デジタル

骨作れぬ難病に幹細胞移植 再生医療で男児の命つなぐ

骨をつくれない「難病」の男の子に、母親の骨髄を移植する手術が島根大学病院であった。通常は1歳未満で亡くなるケースが多いが、命をつないだのは、間葉系幹細胞を移植する再生医療。男児は今も人工呼吸器をつけているが容体は安定している。大学病院と国内屈指の培養技術をもつ研究所との連携が功を奏した。

asahi.com  骨をつくれない「難病」の男の子に、母親の骨髄を移植する手術が島根大学病院であった。通常は1歳未満で亡くなるケースが多いが、命をつないだのは、間葉系幹細胞を移植する再生医療。男児は今も人工呼吸器をつけ

[11/15/13]   がんは小さいうちに治療して叩き潰すのが原則です。戦う敵は大きいより小さい方が良いのです。がんの手術をした時、取り切れなかった場合や、遠隔転移があるのは解っているが、原発巣だけは手術したなどの場合以外は、手術後の残存がん細胞はないと考えられますが、この様なケースでも再発は充分に考えられます。

細胞レベルの浸潤やリンパ節転移や検査でわかる大きさに満たない小さな遠隔転移があるからです。再発は新たにがんができたのではなく、細胞レベルで残っていたがん細胞が検査で分かる大きさになったにすぎないからです。

この手術直後の再発手前の小さな細胞レベルの時に、がんを消滅させるのが一番効果ある再発予防です。当然、一般的には再発を疑う時、正常細胞に影響あるが抗がん剤や、放射線を追加治療することがありますが、それでも残存がん細胞を消滅させることが出来ず、再発することもあるのです。

がん遺伝子治療は副作用も殆どなく、正常細胞に影響を与えませんし、抗がん剤や、放射線の効果も増強させるので手術後の小さな残存した、がん細胞の有無に関わらず、併用することで、再発率を低下させる効果が期待されます。がん遺伝子治療はがんの再発予防に最適な治療法と考えられるのです。

youtube.com

最先端医療 がん遺伝子治療「CDC6shRNA治療」の仕組み

さくらクリニックで受けられる、がん遺伝子治療
「CDC6shRNA治療」の仕組みとは?

youtube.com 私たちがご紹介するがん遺伝子治療は、CDC6shRNA治療と呼ばれる治療法です。侵襲なくがんを撲滅させる治療という意味で、大きな副作用のない、新しいがんの治療法です。 詳しくは下記に掲載中。 【がん遺伝子治療ナビ】 http://gan-navi.jp

sakura-medical.jp

脱毛 ーさくらクリニックー

レーザー脱毛は医療行為、信頼のおけるクリニックでしっかりとケアを

sakura-medical.jp 医療用レーザーにて行う脱毛は、毛根のメラニン色素に熱を吸収させ、そこから放出される熱によって、毛を成長させる組織にダメージを与えるものです。

sakura-medical.jp

ドクターズコスメ ーさくらクリニックー

さくらクリニックがお勧めするエンビロンの化粧品シリーズは、主に紫外線からのダメージを意識した化粧品を取り扱っております。
エンビロンでは、光老化に着目し、光老化を防ぐためにビタミンAを主軸に各種ビタミンを多く取り入れた化粧品を推奨。個人個人に合った化粧品で、使用後の満足感にも共感しております。
エンビロンはドクターズコスメとしてクリニックでしか扱えない化粧品です。
http://www.sakura-medical.jp/cosme.html

sakura-medical.jp さくらクリニックでないと購入が出来ない様々な化粧品や、皮膚専門のクリニックだから推奨できる化粧品を扱っております。

脂肪幹細胞:移植で乳房再生、5人が成功 鳥取大病院

脂肪幹細胞:移植で乳房再生、5人が成功 鳥取大病院

http://mainichi.jp/select/news/20130322k0000m040053000c.html

mainichi.jp  脂肪の組織になる能力がある「脂肪幹細胞」を本人の体から採り、乳がんの手術で乳房を部分的に切除した部...

[02/07/13]   複合点滴コース

複合点滴コースは、二つの点滴薬剤を好みに合わせて複合し、毎週どちらかの点滴を行う事によって、それぞれの効果効能を身体の中から摂取する事ができるコースです。

これは高濃度ビタミンCとL-カルニチンもしくはα-リポ酸を組み合わせ、相乗効果を生み出し、究極の予防医学と現在の美の追求を促します。

例えば高濃度ビタミンC点滴とα-リポ酸の点滴を組み合わせると高濃度ビタミンCによる美白、美肌作用や免疫力アップなど体調を整えた後、α-リポ酸のキレート効果により身体の有害物質を体外に排出します。またその後に、高濃度のビタミンCを入れることによってより大きな美容効果と双方の薬剤よりの抗酸化力を摂取する事が出来ます。これは複合点滴にしか出来ないダブルアンチエイジング(究極の若返り効果と予防医学)効果です。

また高濃度ビタミンC点滴とL-カルニチン点滴を組み合わせると、ダイエット効果を感じながらアンチエイジング効果も期待できます。 高濃度ビタミンCにて体調を整えカルニチン代謝を促す身体づくりをした後に、L-カルニチンにて脂肪酸を燃焼させ、ダイエット効果を最大限に促します。

しかしながらダイエット効果のみでなく、高濃度ビタミンCの美白・美肌や様々な効果を実感しながらダイエット効果を実感できるので、スキンケアと予防医学、ダイエットを効果的に組み合わせた複合点滴ならではの効果を期待できます。

[02/07/13]   脱毛

レーザー脱毛は医療行為、信頼のおけるクリニックでしっかりとケアを

医療用レーザーにて行う脱毛は、毛根のメラニン色素に熱を吸収させ、そこから放出される熱によって、毛を成長させる組織にダメージを与えるものです。

脱毛には大きく分けるとレーザー脱毛と針を使用した脱毛の2種類がありますが、針を使用した脱毛法と違い、医療用レーザー脱毛機を使用すれば、短時間、短期間で痛みも少なくムダ毛を処理することが可能です。しかもさくらクリニックの医療脱毛レーザー機は独自の冷却処置で患部を冷やしながら照射するため、痛みを感じることもほとんどありません。

「料金が安い」などの理由からエステティックサロンなどで脱毛をする人も少なくないようですが、通常脱毛は医療行為にて行われるものであり、人によって毛量や肌の状況などが違うため、きちんとした医師の診断を受けないと大きな肌のトラブルにも繋がります。しかもエステティックサロンの脱毛機では出力が小さく、自ずと脱毛力も低下するので、なかなか満足のいく結果に繋がりません。

その点さくらクリニックでは安心で安全な脱毛のために、カウンセリングで肌質や毛の状態、密度などをくわしく診断。毛穴・毛質・肌質に合わせて、医療用レーザー脱毛機の出力をコントロールし、太い毛、脇・下腿・太腿や薄い毛、うぶ毛など部位や毛の状態によって使い分け、満足の行く結果に導きます。

もちろん日焼け状態などによっても反応が違うため、レーザー照射の前に安全を期して照射テストをし、その人に合った最適な脱毛プログラムを作成します。 またレーザー脱毛で、まれにかゆみや肌の赤みなどが起こる場合がありますが、このような場合でも、速やかなケアを行えば治療の継続に問題はありません。火傷や炎症、色素沈着、感染症などのトラブルに巻き込まれないためにも、信頼できるクリニックで行うことが大切です。

さらにレーザー脱毛によって毛が生えてこなくなると、毛穴は自然と閉じていきます。そのため脱毛後の肌はキメが整い、引き締まった印象になり、脱毛と同時に美肌に近づくというのは、レーザー脱毛の喜びのひとつです。

[02/07/13]   美と健康を追求して。。。 究極のアンチエイジング医療

さくらクリニックは、美容皮膚科・美容外科を中心に、今まで多くの方の「美」を追求する治療をおこなってきました。 また、色々なアンチエイジング治療もおこなってきました。

しかし、美容外科や皮膚科領域だけでは、外見は若返っても、体の中から若返るような、体の中から健康になるような、アンチエイジングは、なかなか実現できません。

そんな現実に戦うべくさくらクリニックでは、最先端の再生医療(幹細胞療法)を取り入れ、美と健康を追求した、「究極のアンチエイジング」をおこなうことができるようにしました。

幹細胞は、主に体の中で傷ついた部分や機能が減弱した部分に働きかけ、それを補正します。多くの施設では、幹細胞による再生医療を多くの疾患の治療に試みられています。
老化は病気ではありませんが、誰にでも徐々に訪れ避けられず、有益なものではありません。 視力では老眼になり、聴覚では耳が遠くなる、感覚も行動も鈍くなってきます。骨や関節も衰え、物忘れが激しくなったり、病気に対する抵抗力も低くなり、皮膚のツヤもなくなります。

こうした身体の変化や機能の衰えの根底には、細胞機能の低下が関係します。もちろん自然治癒力の源である幹細胞の働きや、 増殖する能力も歳をとると共に落ちます。

さくらクリニックでは、このような重要な働きをする幹細胞を培養し、増やして体に戻し、 体の中から健康を作る老化予防としての、いわゆる「インターナルアンチエイジング」を施行しています。

幹細胞治療は多くの疾患の治療法として、多くの施設で試みられていて有効例も多々あります。 健康であると思っていても、実は病気の一歩手前であることはよくあることです。 また健康であっても、病気の予備軍である方も非常に多く存在します。 幹細胞治療は、そんな傷ついている場所を改善してくれる可能性があり、予防医学としても多くの疾患の予備軍改善としても考えられます。

幹細胞療法は、体の中から老化を軽減して健康にするインターナルアンチエイジング(老化予防)としても、 未病を改善する意味での予防医学としても、いろいろな疾患の予備軍を改善してくれる可能性もあると考えられます。

さくらクリニックでは、このような効果(老化予防・予防医学・予備軍改善・多くの疾患治療)ある幹細胞治療に加え、 今までおこなわれてきた美容外科・美容皮膚科に幹細胞を併用することにより、体の外からだけでなく、体の中からも患者さまに究極の美と健康を提供することを目指しています。

[01/22/13]   あけけましておめでとうございます。

皆様には、さわやかな新春をお迎えのことと
心からお慶び申し上げます。

昨年4月に、クリニックに隣接したCPC(細胞調製施設)を開設し、
幹細胞療法を取り入れた、内科的治療、美容的治療を本格的にスタートする事ができました。

これも皆様のご支援、ご指導、ご協力のたまものと、感謝しております。
本当にありがとうございました。

新しい年を迎えまして、今後さらに患者さまのお役に立てるよう努力してまいる所存です。

最先端の再生医療(幹細胞療法)によって、今よりも健康でありたい、美しくありたいと願う患者さまのニーズに応えられるよう日々、努力を重ねて参ります。

本年も、よろしくお願い申し上げます

さくらクリニック スタッフ一同

あなたの事業を診療所のトップリストShibuya-kuにしたいですか?

ここをクリックしてあなたのスポンサー付きリスティングを獲得。

場所

カテゴリー

電話番号

ウェブサイト

住所


渋谷1-16-9 渋谷KIビル3F
Shibuya-ku, Tokyo
243-0303
小児科のその他Shibuya-ku (すべて表示)
稲垣クリニック 稲垣クリニック
代々木5-7-17
Shibuya-ku, 1510053

稲垣クリニックは代々木八幡駅前の便利な小児科・内科です。診療完全予約制。

キャップスクリニック 代官山 T-SITE キャップスクリニック 代官山 T-SITE
猿楽町17-5 代官山 蔦屋書店1号館3F
Shibuya-ku, 150-0033

渋谷区、代官山T-SITEにある 小児科クリニックです。365日年中無休で診療しています。